失敗しない寮を選ぼう!

寮選びにはこだわることが大事

住み込みの求人に応募する際には、必ず気をつけるべき点があります。
それはその寮の部屋が個室なのか大部屋なのかです。住み込みの仕事は現在では個室の部屋を提供している場合がほとんどなのですが、場合によっては一定期間大部屋に住んでから個室に行ったり、最初から最後まで大部屋というケースもあります。お部屋のタイプにこだわらないという方ならば、問題はありませんが、絶対に個室じゃないとダメだと思っているなら、個室の部屋を提供してくれる住み込みの仕事を探しましょう。求人に大部屋なのか個室なのかその詳細が書いてない場合には、問い合わせることで採用担当者から詳細を聞くことが可能です。住み込みの仕事で腰を据えて働いてみましょう。

寮費がかかるかかからないかも確認

住み込みの仕事には、寮費を月額徴収されるところと、完全無料のところの二タイプがあります。
これから働く職場がどのようなシステムになっているのかは、求人情報に書いてありますから、確認しましょう。また寮費が月いくらかかるのかも重要な事項ですから、面接前に聞くか、面接時に面接官に質問してみましょう。寮費が徴収される場合もたいていは会社から補助が出ているので、あまり高くなることはありません。多くの場合アパートを借りて住むよりも安い場合がほとんどですから心配する必要はないでしょう。寮付きの求人ならば自分で部屋探しをしたり、家具を揃える必要もないので、一定期間出稼ぎに行ってみたい方や、新天地で働きたいのならば住み込みの仕事が最適です。