寮費は全額無料か格安賃貸か?

寮費無料は実際に見てみなければ分からない

工場の仕事を始める際に、寮費無料という触れ込みに惹かれる人も多いでしょう。寮費がある程度掛かるのであれば、設備に対して文句を言いやすいですが、寮費無料では苦情を出しづらい状況があります。寮費無料なんだから我慢しなければと考える人もいます。
寮費が無料という場合には、実際の部屋を見せてもらうと良いです。部屋が決まっていない場合もありますが、サンプルの部屋すら見せてもらえない工場へ勤務することは危険と考えられます。シェアハウスの形式や個室の場合など会社ごとの考え方は様々ですから、自分の希望と合うかどうか、防犯面に問題が無いか確認して納得する必要があります。勤務先が近いというメリットを考慮して入寮するか決めると良いでしょう。

格安賃貸なら安く生活できる

住み込みで働く際に格安賃貸を利用出来るならば、多少交通の便が悪い地域でも安心して働けます。会社名義で借りて格安賃貸として貸してもらえるので、有料の寮というイメージを持つ人も多いです。契約名義次第で、退職時の扱いが変わりますから、会社名義で借りるのか自分名義で借りて費用補助が入るかどうかが重要です。
会社名義で借りている場合には、家賃補助が最初から入っているので格安賃貸で就業期間中は生活出来ます。初期費用がかかることも無いので安心出来ます。一方、自分名義で借りる場合には、初期費用の補助まであるか確認しておくと良いでしょう。会社を退社した際にすぐに出てゆかなければならないのかは、会社の寮という扱いとなっているかどうかで変わるからです。プライバシーを重視するなら格安賃貸は安く住めて魅力的と言えます。