寮に入る時と出る時の注意点

入る時は挨拶や安全の確認など

住込み仕事の寮に入ったら、まずは同僚の方への挨拶を済ませなければいけません。隣の部屋は、同じ職場で働く人なので挨拶をしないと常識が無いと判断されて仕事に支障が出る可能性があります。寮だけでなくマンションやアパートでもそうですが、新しく入ったらまずは挨拶です。顔を知り、相手にも自分の顔を覚えてもらうことでコミュニケーションを円滑にします。
その後は安全の確認をしておきたいです。寮に住む以上自分が気を付けていても他の人のミスで火事になることがあります。大きな地震が発生して建物が傾くかもしれません。そんな時には、スムーズに逃げなくてはいけないので寮の構造や避難経路は確実に把握します。それだけで、命を守れるかもしれません。

出る時も挨拶、そして掃除

礼に始まり礼に終わるではありませんが、寮を出る時も挨拶は欠かせません。実際、寮を出たら二度と会うことはないかもしれませんが社会人としての常識です。最後に挨拶して気持ち良く終われば、後にプライベートで会ったりすることもできます。
そして、掃除も絶対に欠かすことはできません。使っていた部屋は埃が蓄積して汚れますが、その後に新しい人が部屋に入ります。その時に部屋が汚れていると気持ち悪いですし、あまりに埃っぽいと喉の調子を悪くするかもしれません。掃除をせずにそのまま帰っても何か懲罰がある訳ではありませんが、社会人としては問題のある行為です。部屋を借りるという認識を強く持ち、謙虚な気持ちで過ごしたいものです。